チワワのしつけ

チワワはとても賢く、理解力にも優れ、物事の飲み込みも早い犬といわれています。このことからも、子犬のしつけはそう難しくはないと思われます。ところが、小さくて愛らしい容姿から、ついつい甘やかしてしまう傾向が強く、吠え癖や噛み癖を身につけしまうチワワが少なくありません。

チワワは勝気な反面、臆病な面も持ち合わせています。身体は小さいのに、吠え声はとても大きく、周囲にストレスを与えます。チワワの吠え癖は臆病さの裏返しでもあります。臆病な性格は、生まれながらの気質の面もありますが、育て方次第では無駄吠えも、噛み癖もないおおらかさを身につけさせることが十分に可能です。

吠えるチワワ、咬むチワワにしないためには、まず子犬の育て方が大切です。むやみに叱るのは効果的ではありません。吠える理由、状況を分析し、環境を改善しながら、適切なしつけをしくことが不可欠です。子犬の場合は、しつけはもちろん大切ですが、おおらかでフレンドリーな愛犬に育てるためには、飼い主との関係をきちんとつくることがなにより重要です。

ペット関連情報

RSS

Powered by All About

All About[ペット]
2017.03.25イースターとは?うさぎと卵が使われる理由と楽しみ方
2017.03.24猫が喜ぶマッサージの方法【図解付き】
2017.03.19うさぎは人間の言葉を理解するの?
2017.03.18一人暮らしモフモフにハマる?うさぎ「モフ充」の勧め
2017.03.11猫を多頭飼いするときの注意点
チワワのしつけとトレーニング
チワワのしつけ
チワワとの理想の関係
吠えるチワワにしない
吠え癖のついてしまったチワワには
散歩にいかないチワワ